TOP > 天の蔵サポート情報サイト > 仕入伝票を登録する
仕入伝票を登録する
更新日:2021/01/20

目次


仕入伝票を登録

1.仕入登録画面を表示

サイドメニューの 購買管理 をクリックし、仕入 セクションにある 登録 をクリックします。

2.仕入内容を入力

項目説明
仕入日仕入れた日を入力します。
初期状態では入力日が入力されています。
仕入先登録した仕入先コードを入力すると、仕入先名が自動的に入力されます。入力方法には、直接入力して候補を選択する方法と、虫眼鏡ボタンをクリックして検索をする方法があります。
仕入番号取引先マスタの 仕入伝票採番区分 の設定によって入力が行われます。
発注番号発注伝票の伝票番号を入力することで、発注伝票からの複写が行えます。
部門仕入先入力後、下の担当者の部門が自動で入力されます。
担当者仕入先入力後、取引先マスタの 運用設定 で登録した担当者が自動で入力されます。
運用設定 が登録されていない場合は、操作ユーザーを担当者とします。
取引形態取引形態を選択します。各取引形態については、用語集(取引形態区分)を参照ください。
支払締切日取引形態が 掛仕入 もしくは 都度支払 の場合に表示されます。
掛仕入 の場合は支払締切年月と、取引先マスタに登録した 締日 の組み合わせで入力してください。
都度支払 の場合はカレンダーから支払締切年月日を指定します。
支払予定日取引形態が 都度支払 の場合に表示されます。
カレンダーから支払予定日を指定します。
摘要伝票に関するメモ等を入力します。

3.明細項目を入力

区分説明
1 仕入商品の通常の仕入の場合に選択します。
2 返品商品を返品する場合に選択します。
3 値引商品単体の値引率または値引額がある場合に選択します。
ひとつ上行にある仕入商品に対して値引が掛けられます。
単位が「%」となる場合は値引率として扱います。
4 一括値引すべての合計に対する値引率または値引額がある場合に選択します。
単位が「%」となる場合は値引率として扱います。
5 諸掛仕入時にかかる諸経費などがある場合に選択します。
この金額は商品の在庫情報の入庫金額に按分計算されます。
6 その他摘要や小計や中計を入力する場合に選択します。

4.登録

ページ右上の 登録 ボタンをクリックし、伝票の登録を行います。


見積伝票を利用して登録

○見積から複写する

サイドメニューの 販売管理 をクリックし、見積 セクションにある 一覧 をクリックし、見積一覧画面へ移動します。
一覧の検索結果から仕入登録したい伝票を選択し、表の上部の 複写 ボタンをクリックして表示される候補から、 仕入へ複写 をクリックします。

見積一覧から仕入へ複写

仕入伝票に商品が自動的に入力されるので、上記登録手順に従って入力を行い、登録します。

⚠️ 複写ボタンをクリックしても 仕入へ複写 が表示されない場合は、環境設定で見積から仕入への複写が無効になっていないかご確認ください。


受注伝票を利用して登録

○受注から複写する

サイドメニューの 販売管理 をクリックし、受注 セクションにある 一覧 をクリックし、受注一覧画面へ移動します。
一覧の検索結果から仕入登録したい伝票を選択し、表の上部の 複写 ボタンをクリックして表示される候補から、 仕入へ複写 をクリックします。

受注一覧から仕入へ複写

利用した伝票の商品に仕入先が登録されており、環境設定 受注発注 で「複写直後に仕入先を選択する」設定となっている場合、複写する商品を仕入先等で絞り込むことができます。

複写直後に仕入先を選択する

商品が入力されたら、上記登録手順に従って入力を行い、登録します。

⚠️ 複写ボタンをクリックしても 仕入へ複写 が表示されない場合は、環境設定で受注から仕入への複写が無効になっていないかご確認ください。


売上伝票を利用して登録

○売上から複写する

サイドメニューの 販売管理 をクリックし、売上 セクションにある 一覧 をクリックし、売上一覧画面へ移動します。
一覧の検索結果から仕入登録したい伝票を選択し、表の上部の 複写 ボタンをクリックして表示される候補から、 仕入へ複写 をクリックします。

売上一覧から仕入へ複写

仕入伝票に商品が自動的に入力されるので、上記登録手順に従って入力を行い、登録します。

⚠️ 複写ボタンをクリックしても 仕入へ複写 が表示されない場合は、環境設定で売上から仕入への複写が無効になっていないかご確認ください。


発注伝票を利用して登録

○発注から複写する

サイドメニューの 購買管理 をクリックし、発注 セクションにある 一覧 をクリックし、発注一覧画面へ移動します。
一覧の検索結果から仕入登録したい伝票を選択し、表の上部の 複写 ボタンをクリックして表示される候補から、 仕入へ複写 をクリックします。

発注一覧から仕入へ複写

○発注番号を使って複写する

上の2.仕入内容を入力発注番号 を入力すると、発注伝票の入力をもとに、仕入伝票が自動的に入力されます。
内容を確認の上、ページ右上の 登録 ボタンをクリックして登録を行います。

⚠️ 複写ボタンをクリックしても 仕入へ複写 が表示されない場合は、環境設定で発注から仕入への複写が無効になっていないかご確認ください。


複写元の原単価を仕入単価にする

仕入時の単価を複写元伝票の原単価としたい場合、環境設定 から「仕入の単価を○○の原単価にする」を選択します。


こちらのページも読まれています