TOP > 天の蔵サポート情報サイト > 仕訳ルールを設定をする
仕訳ルールを設定をする
更新日:2020/05/27

■ 概要

仕訳ルール設定では、会計システムでインポートするための仕訳に変換する方法を設定します。
『掛売上の取引』を、『借方に売掛金、貸方に売上高』の仕訳に変換するようなことです。

仕訳ルール設定を表示するにはサイドメニューの システム共通 をクリックし、会計連携をクリックし、仕訳ルール設定 をクリックします。

■ ルールの設定方法

一般的な仕訳方法がルールの初期設定として登録されています。
利用中の会計システムの勘定科目や運用ルールに従って適宜変更してください。

売上、入金、仕入、支払のそれぞれで、1つの伝票から勘定科目や補助科目をどのように出力するのかという設定を行います。

画像クリックで拡大

上図は売上伝票のルール設定です。
設定は借方と貸方が上下で分割されており、売上伝票の場合は借方の設定は取引形態ごとに、貸方の設定は伝票の明細の区分ごとに行います。
仕入伝票の場合は、借方の設定は伝票の明細の区分ごとに、貸方の設定は取引形態ごとに行います。

右上にある 編集 ボタンをクリックして、ルールの設定を変更していきます。
設定完了後は 保存 ボタンをクリックして確定します。

画像クリックで拡大

上図は取引形態が現金の場合の借方勘定科目を「普通預金」で出力する場合の入力例です。
このように取引形態に応じた勘定科目の設定を行っていきます。

また掛売上の取引を通常は「売掛金」として、特定の取引先では「前受金」としたいといったような場合は次の例外設定を使います。

〇 例外設定

特定の取引先や部門、商品分類など、伝票が指定条件に合致する場合に、通常とは異なる勘定科目を出力されるようにします。
指定できる条件は、設定伝票や借方貸方によって異なります。

画像クリックで拡大

上図の赤枠部の 編集 をクリックから例外設定の入力を表示します。

画像クリックで拡大

上図の 追加 をクリックして、条件設定を追加します。複数の条件を追加することができ、上にあるほど優先されます。
をドラッグすると順序を変更することができます。ゴミ箱 をクリックすると条件を削除できます。

〇 補助科目設定

勘定科目と合わせて補助科目も出力したい場合は、次の補助科目設定を使います。
補助科目は例外設定などと同様に、伝票が指定する条件に合致する場合に、様々な補助科目の切り替え出力ができます。
指定できる条件は、設定伝票や借方貸方によって異なります。

画像クリックで拡大

上図から補助科目設定の入力を表示します。

画像クリックで拡大

上図の 追加 をクリックして、条件設定を追加します。複数の条件を追加することができ、上にあるほど優先されます。
条件を指定しない場合は、無条件で適用されるようになり、それより下の条件は適用されません。
をドラッグすると順序を変更することができます。ゴミ箱 をクリックすると条件を削除できます。

補助科目には固定の科目名を出力することもできますが、特殊パターン入力をすることで 取引先名 など伝票内容から出力させることができます。
また固定の文字と伝票内容を組み合わせた出力もできます。

・特殊パターンの入力と出力結果例

設定内容出力結果例
<BPName>てんくら商会
[<BPCode>]<BPName>[TK001]てんくら商会

特殊パターンは仕訳集計単位が大きく設定されている場合は空欄で置き換わるようになっています。
例えば商品名を置き換える「<ProdName>」を設定した場合で、仕訳出力単位を原則伝票単位とした場合は、商品ごとの出力にはならないため、出力結果は空白に置き換わります。

〇 その他項目の設定

その他項目の設定は会計システムの摘要やタグといった補足的な内容を取り込みたい場合に使用します。
伝票の摘要や商品コード、日付など様々な出力と組み合わせができます。

参照:特殊パターンの入力と出力結果例

・制限

会計システムによって1つの仕訳につき摘要が1つだけの登録であったり仕様に差異がありますので、すべてが出力に採用されることはありません。

クラウド会計ソフト freee借方と貸方のすべての摘要とタグが適用されます。借方と貸方、かつ勘定科目のそれぞれにタグと摘要の設定が可能。
弥生会計 オンライン1仕訳につき、1つの摘要が設定可能。タグの設定はありません。
売上伝票と支払伝票は借方勘定科目の摘要、
仕入伝票と入金伝票は貸方勘定科目の摘要の設定から適用されます。
マネーフォワード クラウド会計1仕訳につき、1つの摘要、1つのタグが設定可能。
売上伝票と支払伝票は借方勘定科目の摘要とタグ、
仕入伝票と入金伝票は貸方勘定科目の摘要とタグの設定から適用されます。
画像クリックで拡大

上図からその他項目の設定の入力を表示します。

画像クリックで拡大

上図の 追加 をクリックして、条件設定を追加します。複数の条件を追加することができ、上にあるほど優先されます。
条件を指定しない場合は、無条件で適用されるようになり、それより下の条件は適用されません。
=をドラッグすると順序を変更することができます。ゴミ箱 をクリックすると条件を削除できます。

摘要やタグには固定の科目名を出力することもできますが、特殊パターンの入力をしておくことで 取引先名 など伝票内容から出力させることができます。

参照:特殊パターンの入力と出力結果例

リンク

こちらのページも読まれています