TOP > 天の蔵サポート情報サイト > 棚卸しを一括登録する
棚卸しを一括登録する
更新日:2021/01/08

棚卸一括入力 を利用すると自身で作成したExcelシートなどを使って棚卸の実地数量を一括して入力することができます。

1.棚卸一括入力を表示する

A.棚卸数量の入力中に一括登録を表示する

まだ棚卸を作成していない場合は、新規登録から操作を開始します。

サイドメニューの 在庫管理 をクリックし、棚卸 セクションにある 登録 をクリックし、棚卸登録画面 を表示します。

棚卸基本情報の入力 の後、棚卸数量の入力のページ下部の 一括入力 のボタンをクリックして 棚卸一括入力画面 を表示します。

一括入力ボタン

B.棚卸一覧から一括登録を表示する

棚卸をすでに作成している場合は、棚卸一覧 から操作を開始します。

サイドメニューの 在庫管理 をクリックし、棚卸 セクションにある 一覧 をクリックし、棚卸一覧画面 を表示し、一括登録したい棚卸を検索します。
検索した棚卸を選択して、一括登録 ボタンをクリックします。

一括登録ボタン

💡 修正ページから「A.棚卸数量の入力中に一括登録を表示する」の操作を行っても同様です。

2.棚卸一括入力を操作する

棚卸一括入力の表示例

操作の解説

基本的に上図の 商品コード(①)を入力し、実施の数量を 数量(②) に入力し、すべての入力が完了すれば 保存(③)ボタンをクリックする、という操作を行います。

またこれらを入力する際にページ上部に並んでいる機能を利用すると、便利に入力することができます。

データ読み込み から 商品コード商品名 を一括して入力したり、入力途中の数量を表示させたりすることができます。
入力が必要な商品をはじめに表示させる際に活用できます。
クリア は 表 の入力をすべてクリアしたり、商品コード はクリアせず、数量 だけをクリアするなどができます。
再計算入数セットケースを入力した場合に、それらから算定される数量を補完します。
Excelブックで保存 は表示中の内容をそのままExcel形式でダウンロードすることができます。Excelで編集した数量を、データ読み込み から取り込んだり、コピー&ペーストでExcelから天の蔵へ直接内容の貼り付けを行うことができます。

3.保存後の操作

棚卸一括入力画面 から保存した内容はすぐに在庫には反映されません。
通常の棚卸し入力の確定処理の操作を行う必要があります。
(関連:確定処理をする – 棚卸しをする)

こちらのページも読まれています