TOP > 天の蔵サポート情報サイト > 用語集

あ行


粗利益(あらりえき)

売上金額から売上原価を引いた大まかな利益金額。粗利益を正しく表示させるには原単価と数量の正しい入力が必要となります。
伝票に一括値引がある場合は、値引金額を比例配分した金額を各商品の値引金額として算定します。

粗利益率(あらりえきりつ)

税抜の売上金額に対して粗利益が占めるパーセンテージのこと。

売上区分(うりあげくぶん)

販売の明細内容の種類を表します。

売上または受注

通常の販売取引となる商品です。

返品

返品された商品です。

値引

1行上の売上に対する値引です。値引率で値引するには単位を「%」にして数量を入力します。

一括値引

すべての売上に対する値引です。値引率で値引するには単位を「%」にして数量を入力します。最終行に入力する必要があります。

諸掛

商品売買の際にかかる運送費などの費用を入力します。

摘要

明細に差し込むコメントを入力します。

売上消費税丸め区分(うりあげしょうひぜいまるめくぶん)

見積や受注や売上の際の消費税の小数の丸め処理方法の設定です。
丸め区分を参照

売上伝票採番区分(うりあげでんぴょうさいばんくぶん)

伝票番号を自動的に採番する場合のルールの設定です。
売上伝票の伝票番号と仕入伝票の伝票番号が該当します。

自動採番なし

自動的に採番しません。
手入力による採番を行なう必要があります。

共通自動採番

他の取引先と共通した連番を採番します。

個別自動採番

取引先ごとに固有に連番を採番します。

か行


月度呼称区分(げつどこしょうくぶん)

年度呼称区分を参照

原単価区分(げんたんかくぶん)

商品原価の評価方法の設定です。
伝票登録した後から変更を反映させるには在庫単価調整を使う必要があります。

固定単価

商品マスタの原単価の設定金額が原単価となります。

最終仕入

最後に仕入を登録した単価が原単価となります。

月別総平均

前月の在庫金額と当月の入庫金額の平均金額が原単価となります。
入庫にかかる諸掛の金額も入庫金額とみなし評価します。

さ行


在庫管理区分(ざいこかんりくぶん)

商品の在庫数を管理をするかどうかの設定です。

在庫管理しない

在庫数を管理しません。これに設定すると在庫管理の画面に表示しません。

在庫管理する

在庫数を管理し、これに設定すると売上入力や仕入入力などで在庫数が増減するようになります。

基本設定参照

基本設定マスタの同名項目の設定に従うようになります。

在庫引当区分(ざいこひきあてくぶん)

出荷予定(受注商品)の商品を在庫から充当するかどうかの設定です。

在庫引当しない

引当処理が不要の場合の設定です。

受注時に在庫引当する

受注登録と同時に自動で有効在庫数から引当処理を行います。
有効在庫数が不足している場合は、引当処理されません。

受注後に在庫引当する

受注登録後に在庫引当から引当処理を行います。

基本設定参照

基本設定マスタの同名項目の設定に従うようになります。

在庫引当数(ざいこひきあてすう)

出荷予定(受注)があり、まだ出荷(売上入力)していない商品の数量を、有効在庫数から充当した数量のこと。

仕入区分(しいれくぶん)

販売の明細内容の種類を表します。

仕入または発注

通常の購買取引となる商品です。

返品

返品された商品です。

値引

1行上の発注に対する値引です。値引率で値引するには単位を「%」にして数量を入力します。

一括値引

すべての発注に対する値引です。値引率で値引するには単位を「%」にして数量を入力します。最終行に入力する必要があります。

諸掛

商品売買の際にかかる運送費などの費用を入力します。

摘要

明細に差し込むコメントを入力します。

仕入消費税丸め区分(しいれしょうひぜいまるめくぶん)

発注や仕入の際の消費税の小数の丸め処理方法の設定です。
丸め区分を参照

仕入伝票採番区分(しいれでんぴょうさいばんくぶん)

売上伝票採番区分を参照

実在庫数(じつざいこすう)

天の蔵では帳簿上の理論在庫数のことを実在庫数と表現しています。現実にある実際の在庫数と相違があることがあるため、棚卸などで合わせます。

支払書発行区分(しはらいしょはっこうくぶん)

仕入金額がゼロになる場合や、支払の相殺により支払予定額がゼロになる場合に支払明細書を発行するかどうかの設定です。

今回支払額がゼロの場合は発行しない

仕入伝票の登録がない場合、または仕入金額と支払金額が相殺により支払予定額がゼロになる場合、支払明細書を発行しません。

今回支払額がゼロの場合も発行する

支払予定額が0になる場合でも支払明細書は常に発行します。

基本設定参照

基本設定マスタの同名の項目と同じ設定とします。

消費税計上区分(しょうひぜいけいじょうくぶん)

消費税額を算定する単位の設定です。得意先や仕入先ごとに設定します。

明細

明細の金額から消費税を計算します。

伝票

伝票の合計金額から消費税を計算します。

一括

請求締切や支払締切の対象となる伝票の合計金額から消費税を計算します。

処理年月(しょりねんげつ)

自社の会計月度を表します。会計月度は年度呼称区分や月度呼称区分で決定します。

請求書発行区分(せいきゅうしょはっこうくぶん)

売上金額がゼロになる場合や、相殺により請求額がゼロになる場合に請求書を発行するかどうかの設定です。

今回請求額がゼロの場合は発行しない

売上伝票の登録がない場合、または売上金額と入金金額が相殺により請求額が0になる場合、請求書を発行しません。

今回請求額がゼロの場合も発行する

請求額が0になる場合でも請求書は常に発行します。

請求額がゼロでも売上あれば発行する

売上伝票の登録があれば請求額が0の場合も請求書を発行します。

常に発行しない

請求書の発行対象としません。

基本設定参照

基本設定マスタの同名の項目と同じ設定とします。

た行


単価ランク(たんからんく)

商品はランクごとの売買単価を設定することができ、各取引先がどのランクの単価を使用できるのかを設定することができます。

取引形態区分(とりひきけいたいくぶん)

天の蔵では取引先との代金の清算方法を取引形態と呼びます。

掛売上

売掛による取引です。
請求締切を行い売上金額をまとめて請求します。
入金があれば入金登録します。

掛仕入

買掛による取引です。
支払締切を行い仕入金額をまとめて支払います。
支払をすれば支払登録します。

現金売上

現金と受け取って商品を引き渡す取引です。
天の蔵では入金登録はしません。

現金仕入

現金を支払って商品を受け取る取引です。
天の蔵では入金登録はしません。

都度請求

売上ごとに請求する取引です。
入金があれば入金登録します。

都度支払

仕入ごとに支払する取引です。
支払をすれば支払登録します。

サンプル

サンプル品の支給など売買を目的としない取引です。
取扱は現金取引と同じです。

な行


年度呼称区分(ねんどこしょうくぶん)

自社の会計年度と会計月度の数字の表現方法の設定です。
会計年度と会計月度は天の蔵では『処理年月』で表しています。

期首日の年

会計年度の表現を会計期間の始まりの年数で表します。

決算日の年

会計年度の表現を会計期間の終わりの年数で表します。

各月の開始日の月

会計月度の月度を始まりの日の月数で表します。

各月の終了日の月

会計月度の月度を終わりの日の月数で表します。


会計期間が 9月16日~9月15日 の場合

2019年11月10日は・・・
『 期首日の年 』『 各月の開始日の年 』 だと “2019年度” “11月度”
『 期首日の年 』『 各月の終了日の年 』 だと “2019年度” “12月度”
『 決算日の年 』『 各月の開始日の年 』 だと “2020年度” “11月度”
『 決算日の年 』『 各月の終了日の年 』 だと “2020年度” “12月度”

2019年11月20日は・・・
『 期首日の年 』『 各月の開始日の年 』 だと “2019年度” “11月度”
『 期首日の年 』『 各月の終了日の年 』 だと “2019年度” “12月度”
『 決算日の年 』『 各月の開始日の年 』 だと “2020年度” “11月度”
『 決算日の年 』『 各月の終了日の年 』 だと “2020年度” “12月度”

ま行


マイナス在庫許可区分(まいなすざいこきょかくぶん)

在庫数が0未満になる売上入力や仕入入力を許可するかどうかの設定です。

マイナス在庫を許可しない

在庫数が0未満になる登録や修正は許可されません。
受注の登録は可能です。

マイナス在庫を許可する

在庫数が0未満でも登録できます。

基本設定参照

基本設定マスタの同名項目の設定に従います。

丸め区分(まるめくぶん)

対象となる通貨が取り扱える小数桁数より小さい小数桁の金額の処理方法の設定です。
円貨(JPY)の場合は取り扱う小数桁数は0桁にシステムが設定しています。

各設定を円貨の場合を例として説明します。

四捨五入

0.5円は1円とし、0.5円未満は0円とする処理方法です。

切り上げ

0.0円より大きく1.0円以下は1円とする処理方法です。

切り捨て

1.0円未満を0円とする処理方法です。

五捨五超入

0.50円以下は0円とし、0.50円より大きい場合は1円とする処理方法です。

五捨六入

0.60円未満は0円とし、0.60円以上は1円とする処理方法です。

未引当受注数(みひきあてじゅちゅうすう)

出荷予定(受注)があり、まだ出荷(売上入力)していない商品の数量に対し、在庫引当処理していない数量のこと。

や行


有効在庫数(ゆうこうざいこすう)

実在庫数から在庫引当済の数を差し引いた数量のこと。

有効発注数(ゆうこうはっちゅうすう)

入荷予定(発注)があり、まだ入荷(仕入入力)していない商品の数量のこと。