機能別一覧

製品を分解する・解体する


完成商品の 受入数量 と構成商品の 払出数量 をそれぞれ 負の数 で入力することで入庫と出庫の操作が反対となり、分解(解体)の扱いとなります。
(関連: 製品を組み立てる・生産する


0
0

記事に関するご意見・ご質問等

目的別一覧